二十歳以下ではバイアグラを飲んではいけない?

二十歳以下ではバイアグラを飲んではいけない

既婚者であれば20歳以下でもバイアグラの服用は認められています。ファイザー社が発行しているバイアグラガイドラインでも、バイアグラの投与対象は20歳以上ですが、20歳未満でも結婚している場合には別途考慮して処方しても構わないとされています。

 

しかし、いずれにせよ勃起障害で悩む男性が対象であることには変わり無く、健康な20歳未満の男性がバイアグラを服用したからと言って、今まで以上に勃起力が増大することは全くなく、それどころがただ単に副作用のリスクが高まるだけなので注意が必要です。

 

深刻な副作用の中には、勃起持続症というものがあります。この副作用は起きたときの対処法が良くないと、今後一生勃起することができなくなることがある、とっても恐ろしい副作用です。

 

興味本位でバイアグラを飲むことでこのようなリスクがあることを知っておいてください。