高齢者のバイアグラ開始容量は?

高齢者のバイアグラ開始容量

25ミリグラムのタブレットになります。
日本性機能学会では、65歳以上の高齢者は若年層に比べて、バイアグラの血中濃度が増加することが確認されていることから、25ミリグラムから慎重投与するように指導しています。

 

同様の理由で、肝機能障害や重度の腎機能障害のある場合も、高齢者でなくとも25ミリグラムのバイアグラ投与が望ましいとしています。

 

勃起不全だった人が、勃起できるために場合蔵を求めることは間違いではありませんが、ご自身の体のことも考えて、自分が少しでもバイアグラの適応条件から外れていると感じるのでしたら、医師の診断に従うようにしてください。